忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白い恋人、北海道のお土産
白い恋人は北海道のお土産でも有名です。

白い恋人は北海道ではほぼ販売しない方針らしいですが、ネット通販では取り扱っています。

外国人にも人気があるクッキーです。







楽天市場の白い恋人


PR
白い恋人と面白い恋人騒動
白い恋人と面白い恋人同士では、それほど怒らなくてもいいのではないかとも言う声はありますが、そのわりには、中国の偽物、パクリには厳しいという感じもしますし、やはり日本でもそういう善悪の判断は必要になってくるのかなとは思います。

週刊誌のコラムなどではコンテストをやって盛り上げたら?という話なんて提案していますが、そういうことをやるとやらせ?とかこんな商法をやっているのかと、石屋製菓の方の印象が悪くなるでしょうね。

雑誌なんかとくに自分達の方は著作権などには厳しいのに、ジャンルの違うものには寛容なのかという感じも。

石屋製菓の方はなにも似た商品が禁止というわけでもなく、赤い恋人というこんにゃくには別に訴訟もしていませんので、あくまでも誤解されることは避けたい様子です。

面白い恋人を購入するつもりで買ったなら別によいのでしょうが、白い恋人を賞って目当てのものじゃなければ、がっかりしますし、頭にくることもあるかと思います。







やはり消費者にもわかりやすい見分けができるようにしてもらいたいですね。

デザインまで一緒というのは、消費者や白い恋人ファンには不親切かなという印象なあります。






白い恋人と面白い恋人のもめごと
北海道を代表する土産菓子「白い恋人」を製造・販売する石屋製菓(札幌市西区、島田俊平社長)が28日、吉本興業と子会社など3社に、類似商品の販売差し止めと廃棄を求めて札幌地裁に提訴した。

島田社長は「いくら何でも悪のりしている。こういうことがまかり通るなんてびっくりした。全然面白くない」

石屋製菓には「間違って買ってしまった」との苦情が数件あったという。

10年度は約72億円の売り上げがあった。

子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシーの広報担当は「(面白い恋人は)大阪を代表するヒット商品。突然の提訴なので戸惑っている」






ちょっと似すぎというか、別ものにするならしっかりと違いが分かる程度にするべきでしょうし、反対にとことん真似をしたいなら一言相談をすべきでしょうね。

こういう商品というのはヒットさせるまでに苦労して、やっと北海道を代表するお土産に育ててきたであろうに、それを簡単にいわゆるパクリにされてしまっては腹立たしさもおきても仕方ない気がします。

少し吉本も自分で苦労してヒットさせるという工程を怠ってしまったのではないかという印象です。


中身がまあ同じなら苦情もこなかったのかもしれませんが、ゴーフレット(みたらし味)だったということで、お客さんは満足いかなかった様子。


たしかに白い恋人を買うつもりが箱を開けてみたらコーンブレットだったとなると、目的のものではないとがっかりはきますよね。



| top |
|
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny